ホーム2019年度 ジェラルド・バリー賞受賞の報告

2019年度 ジェラルド・バリー賞受賞の報告

3月14日に行われました2019年度卒業式にてジェラルド・バリー賞を受賞されました橋口 桜さんよりコメントをいただきましたのでご紹介します。
おめでとうございます。今後のご活躍を期待しています。

現在、大学の入学式をはじめとする授業開始の延期、多くの会社での入社式の取りやめなど卒業生のみなさまには難しい状況下でのスタートとなっています。
お互いに励まし合いながら乗り切っていただき、これからのソフィアンとしての成長を心から願っています。

橋口桜さんのコメント
ジェラルド・バリー賞という名誉ある賞をソフィア会の皆様から頂くことができ、大変嬉しく思います。
上智短大での2年間は、様々なことに挑戦し、興味を広げ、自分自身と向き合うことができた、とても貴重な時間でした。課題が重なった時や、編入試験前など、余裕がなくなり苦しい時もありましたが、先生方をはじめとする沢山の方々にいつも温かく支えて頂きました。また、強い意志と考えを持ち、ひたすらに努力をする友人たちに出会い、共に励まし合いながら重ねた日々は、私にとって大切なものです。2年間を上智短大生として過ごせたことを心から誇りに思います。
4月からは、上智大学総合グローバル学部へ編入学します。新たな環境で学び続けられることへの感謝を忘れず、そして新たな出会いを大切に、次の目標に向かって努力していきたいと思います。この度は、ありがとうございました。



 

このページの先頭へ