ホーム奨学金授与式

奨学金授与式

2017年6月28日、秦野キャンパスにて今年度の「同窓会奨学金」である成績優秀者各学年1名、及び学業奨励賞を各学年数名、に証書を手渡しました。

以下、平野会長の当日のあいさつを紹介します。

私が卒業したのは29年前のことですが、その当時も今も変わらず、学生さんたちの瞳は将来への希望で輝いているのですね。私も卒業したら四谷に編入して英文学をもっと勉強したい、そう決意したときにちょうど目に写っていたのが、クラブハウスへ続く道路の両側に満開で咲き誇る辛夷の花でした。青空にむかって飛び立つ鳥のような形の真っ白な花。私の思いはその白い花となって、今でも春の花咲く時期になると、その当時の決意を思い起こします。
目には見えない人の思いや祈りは、何かの形になって伝わり、残ります。みなさんの先輩方が、ソフィア会同窓会が現役学生を応援したいという思いや願いを形にしたのがソフィア会奨学金です。今日、みなさんにお渡しする奨学金は、これまでの大勢の卒業生たちからの目に見えるエールです。みなさんも自分たちの願いや希望をぜひ形にしていってください。そしてそれを後に続く学生たちに引き継いでいってほしいと願っています。

このページの先頭へ