ホームフランク・スコット・ハウエル先生へ

フランク・スコット・ハウエル先生へ

突然のハウエル先生のご逝去の報に接し、上智大学短期大学部ソフィア会役員一同も、驚きと大きな悲しみに包まれました。ハウエル先生のご冥福を心よりお祈りいたします。

ハウエル先生は、上智大学短期大学部学長として私たち卒業生にも温かいお心遣いと幸せを常に祈ってくださいました。2009年に就任されてから毎年10月に開催します、ソフィア会主催の総会・銀祝(卒業25周年の期の方対象)にも出席いただき、卒業生のためのごミサも毎回たててくださいました。心から感謝申し上げます。

7月26日に秦野キャンパスにて催された、「故フランク・スコット・ハウエル上智大学短期大学部長 追悼の集い」では、先生の人となりを、教職員のお一人でいらっしゃるトーマス・ヴァルキー神父さまがご紹介されました。

(1) ハウエル先生は何事につけてもお断りにならない方でしたが、絶対に断らない事柄として、
 ・ごミサ
 ・食事の誘い(特に学生からの誘い)
 ・ディズニーランド(年に5回くらいは来園されたそうです。"It's a Small World"は先生が愛した曲)

(2) 常に誇りに思われていたこととして、
 ・ワシントン D.C. 生まれ
 ・イエズス会に入会したこと
 ・日本に来たこと

(3) 常に信じていたこととして、
 ・キリスト教の教え
 ・説得力(ご自身のディベートの経験から)
 ・ESSの力(学生の英語力を伸ばせる活動)

短期大学部の学生のみなさんからも常に温かい交流を通して慕われていらしたお姿が偲ばれました。

神様の元に召された今、どうぞ末永く私たちを温かく天国から見守っていただきたいと思います。

「また会う日まで また会う日まで 神のまもり なが身を離れざれ」
(聖歌「神ともにいまして」より)

8期 近藤 澄

このページの先頭へ