ホーム同窓会寄付講座について

同窓会寄付講座について

同窓生の皆さまを講師にお迎えして開講される同窓会寄付講座「キャリアプランニング」は、2004年に開講されました。以来、毎年100人を越える学生が履修する人気講座です。ご卒業後、各方面でご活躍中の同窓生の方々に無料で講師をお引き受けいただき、交通費のみを同窓会が負担しております。

学生たちにとっては、他の授業では得られない社会の状況を先輩にお話していただき、卒業後の進路について貴重なアドバイスをいただける場となっており、授業後も先輩に質問する学生たちが多くいて、秦野駅までの最終バスがでる間際まで教室がにぎわっています。

今年度も、9月から12月までの秋学期の月曜日・木曜日の5限に、同窓生の皆さまを講師にお迎えして開講されます。その内容を一部ご紹介しましょう。

「企業の代表取締役として-業界翻訳の難しさ」「児童英語教材と英語教育」「ジャーナリストとしての活動」「銀行で役職者として働く」「弁護士の職務」「国際交流機関の仕事」「映画プロデューサーの仕事」「大学で教える」「世界のストリート・チルドレンの教育」「通訳ガイド・法廷通訳から日本語教師へ」「社会福祉士の仕事」「放送・ファッション業界からリフレクソロジストへ」「大学職員として働く」「マーケティング会社の仕事」「児童英語を教える」「アナウンサーの仕事」「呉服屋のおかみとして-着物とマナーの大切さ」「大学の英語講師として」「聖マリア修道女会のシスターとしての活動」などです。

驚くほど多様なキャリアを持ち、様々な社会活動に携わる先輩たちのなまの声に、学生たちは毎回惹きつけられています。今年度の授業コーディネータは、同窓生であり聖マリア会のシスターでもある岩崎明子先生です。

なお、講師の自薦・他薦につきましては同窓会ではなく、上智短大の同窓会寄付講座コーディネータあてに郵便でお寄せいただければと思いますが、学生の進路や社会状況などを考慮し、全体の構成も勘案した上で、短大教授会審議を経て決定しておりますので、お申し出があっても必ずしもお願いできない場合もあります。どうぞご了承下さい。

このページの先頭へ